リクルート

先輩紹介-1

誇りの持てる仕事を通じ成長していきたい。

高橋 一樹
Kazuki Takahashi

プレキャスト事業部
平成24年4月1日入社
岩手県盛岡市出身
盛岡大学 文学部卒

 私は東日本大震災の翌年に東杜産業株式会社に入社をしました。
 「震災復興事業を通じて共に社会へ貢献して欲しい」という、吉田社長の強い言葉がきっかけでした。土木建設業の工事は未経験で、まして工事業なんて全くの素人でした。入社後は戸惑いや焦りが原因で右往左往した時期もありました。現在でも悩むときはありますが、上司や先輩社員の方々に指導や激励を頂きながら仕事に励んでいるところです。

 私は主にコンクリートプレキャスト製品の設置工事の部門で現場代理人として現場にて従事するまでに成長できてきましたが、まだまだ経験不足のため日々勉強しています。現在は、岩手県沿岸地域を中心に被災地の復旧復興の為、防潮堤工事、復興道路、まちづくり事業の現場に出張しており、家族を盛岡市に残しながらも携わってきました。週末しか家族と過ごすことはできませんが、家族の理解と支えがあってこそ、また会社からも仕事をしやすい環境を整えて頂いており、私が仕事に専念できていることに感謝しています。  

 私たちの仕事は地域住民の生活をより良くしていくもの、私たち自身が幸せな生活を送れるためのもの。そして何より地図に載り何年も残る仕事だと信じています。これは、弊社の「基本理念」である「社会と永続的な発展を目指し成長します」と、「経営理念」である「永遠の幸福の追求と実現を目指し社会に貢献します。」という言葉なのだと私は考えています。  

 私は、会社が社会に提供できる技術や知識を持って社会に貢献するという志を持ち、これからも発注者様、元請業者様、下請業者様との三位一体のコミュニケーションを図り「東杜産業に依頼して良かった」と言われ続ける「社会の良き企業市民」として、「東杜産業のチームの一員」として誇りを持ち成長していきたいと思っています。

先輩紹介-2

笑顔忘れずに縁の下の力持ちとして。

佐藤 綺穂
Kiho Sato

総務部
平成27年4月1日
岩手県盛岡市出身
岩手県立紫波総合高等学校卒

 私は高校生の頃から事務職に就きたいと考えていました。高校で学び、身に着けた知識と持ち前の明るさでお客様に対応し、会社・社会に貢献したいと思っていたからです。私が東杜産業への入社を決意した理由は、社員とその家族を第一に考え大切にし、未来のある子供たちのために売上の一部を寄付するなど、地域社会に貢献している事にとても魅力を感じたからです。

 実際入社をしてみると、社員同士がとても仲が良く和気あいあいとした社風で家族のような温かさがあります。書類作成の仕方が分からなかったり、電話対応が上手くできなかったり、中々思うようにいかない部分もありますが、先輩や上司の方に教わりながら毎日楽しく仕事をしています。

 今は復興事業ということで多くの社員の方が沿岸に出張をして頑張っています。津波で被災した海岸防波堤の本復旧など、復興に大きく関わり社会に貢献している東杜産業で仕事をすることができ誇りに思っています。新入社員ではありますが、社員のみなさんを陰ながら支え、頼りになる事務員を目指し、これからも笑顔を忘れずに勉強しながら仕事に励みたいと思っています。

先輩紹介-3

スポーツで得た経験を活かし、キャリアアップを目指す。

内田 大輔
Daisuke Uchida

営業部
平成28年11月10日入社
岩手県二戸市出身
日本体育大学 体育学部 体育学科卒

 「社会貢献や社員の幸せを大切にする」という社長の考え方に会社の魅力を感じ、また幼い頃から続けているアイスホッケー競技を選手として続けられる環境を全面的にサポートして頂けることもあり東杜産業株式会社に入社しました。
 建設業界の仕事はなにひとつ分からない状態からのスタートでした。

 私は営業部に所属しています。仕事内容は取引先との営業業務や書類作成、担当現場の管理などしています。私は日頃、訪問先では明るく元気な対応を心がけています。考え方や仕事上では、まだまだ未熟ですが上司や先輩社員から優しく丁寧なアドバイスを頂きながら日々努力しています。専門知識的な部分では先輩社員のご指導のおかげで少しずつキャリアアップしてきました。

 大学時代に学んだ経験を活かし、ハングリー精神で会社の更なる発展に貢献していきたいと思います。そして会社の発展とともに個人的にもスキルアップしてまわりの方から「必要不可欠な存在」と思ってもらえるように東杜産業の誇りを持って成長していきたいです。